お問い合わせ

ログイン

文字サイズ
標準

【注意】不審メールにご注意ください!

2022年6月27日

当基金を装った不審メール(なりすましメール)が発信されているという情報がございました。

下記PDF(事例イメージ画像)メールを受信された場合には、ウイルス感染等のリスクが高いため、添付ファイルやメール本文に記載されているURLを参照せず、メールそのものを完全削除(Shift+Del等)いただきますよう、お願いいたします。

*不審メールの概要は以下のリンクをご覧ください。

不審メール概要(PDF)

  • 公的年金制度と企業年金制度の関係を知りたい!
  • 企業年金のしくみって?
  • 年金額の目安はどうやって決まるの?
  • 各種Q&Aはこちら

年金制度のしくみ

詳細ページ

 東京建築設計企業年金基金の設立の理念は、過去の厚生年金基金の基金運営における課題も検証した上で、「持続可能な制度であること」、「環境変化への対応が可能な制度であること」、この両制度に対応可能な制度設計とし、平成28年4月1日にスタートいたしました。
 公的年金の所得代替率(平成26年度 62.7%)が縮小する中で、それをカバーするのは企業年金に求められている役割です。
 東京建築設計企業年金基金は、まさにそれにマッチした総合型の企業年金制度です。中小企業が一同に会することにより、運営コストも低減されますので是非、多くの事業主のご参加をお願いいたします。

Adobe Readerダウンロードボタン

PDF形式の資料をご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
左の Adobe Readerボタンをクリックし、ダウンロードページからインストールしてください。(無料)